みちこの漫画、更新です。 23話目。

JUGEMテーマ:インターネット

http://www.comico.jp/challenge/detail.nhn?titleNo=18190&articleNo=24

 

第23話 守りたい人 更新です。

 

今回歌手名、歌詞がでてくるのですが、「実在のものはすべて描いてはいけない」というcomicoさんの規約で、もじりまくってます。

果たしてここまでもじって意味が通じるのかと思っています。

 

申し訳ないことに、このブログでは時代をずらせて書いていたので曲名が違います。「この時代だったらこの曲だろうな」という気持ちでした。わざわざCDを買われた方もいらっしゃって、本当に申し訳ないことをしたと思います。

 

実際は、この曲と、洋楽でした。洋楽は私はまったくわからないので、抜かしてあります。みちこの何冊かのノートはびっしり英文で書いてあり、くせのある筆記体でまったく読めません。思ったことを英文にして書いていたようですが、みちこと違い英語力のない私はまるで解読できず今日まで至ります。

 

もしかしたら、知られたくなかったことを英語で書いていたと思われるので、英文に関してはそのままにしています。

 

作中の曲名は、赤いスイートピー、守ってあげたい、卒業写真、でした。

 

守ってあげたい、の歌詞がカズくんの「告白」だったと思われます。


みちこの漫画、更新です。 第22話。

JUGEMテーマ:インターネット

http://www.comico.jp/challenge/detail.nhn?titleNo=18190&articleNo=23

 

第22話 電話 です。

 

家は居心地いいけど病院には仲間がいる。どちらも捨てがたく、大切で、みちこは家ではずっと電話を待っていました。

 

しかし病院の緑の電話でテレカいっぱい使ってかけてきたカズくんも大変だったろうなと思います。

 

あのころは、病棟の電話機は各階に1台くらいでしたから、カズくんが長電話して困ってた人もいたかもしれないですね。

 

今は電話も置いてなくて、携帯やスマホですから、(本来は病棟内禁止ですが)患者さんはベッドでかけていました。父の病院の場合。

みちこの病院のサイトを見ると、大部屋でも各ベッドパソコンOKネットOKでした。夢のようだ。がんになったらみちこの病院に入院がいいけど遠すぎて無理だな。

 

みちこの当時のうれしそうな顔が浮かびます。


みちこの漫画、更新です。

JUGEMテーマ:インターネット

http://www.comico.jp/challenge/detail.nhn?titleNo=18190&articleNo=22

 

第21話 うそ 更新です。

 

みちこが家に帰ってきて、姉が「本当のことを言え」と詰め寄られる場面。

 

実際、何回も聞かれて、脳みそ少ない姉は困ったものです。昭和時代は本人にがんだって伝えるのは厳禁でしたから。

今とは大違いです。

 

病名がわからず、病気の進みもわからず闘病するのと、現代のように知ってて闘うのと、どちらがいいのでしょう。

 

父はステージまで医師から言われて闘病しています。ステージ3。今のところ再発なし。でも本人はいつ再発するか怖くて、怖さあまって家族に当たる、という困った展開になっております。

 

みちこの場合は今でいう「ステージ4」だったようです。末期がん。

 

昭和時代はまだ「ステージ云々」というものが存在しなかったようです。


みちこの漫画、第20話、更新です。

JUGEMテーマ:インターネット

http://www.comico.jp/challenge/detail.nhn?titleNo=18190&articleNo=21

 

星屑の仲間たち 第20話 一時退院 更新です。

 

肺のレントゲンに何かが???

 

レントゲンを見て、医師が「ゴミ」と言うのはけっこうあるらしいですね。もちろんいい意味ではないようです。

 

父の肺のCTにはなにやら「ゴミ」を通り越しているものがいっぱい映っていたので、再検査になったのですが、がんではありませんでした。(よかった)

 

今思うとみちこはこの段階ですでに「転移」していたということなんでしょう。かわいそうで本人に言えなくて、思わず「ゴミ」と言ってしまったのでしょうか、先生は。

 

その辺はよくわからないのですが。

 

とにかく、昭和時代は「がんは本人に絶対隠す」方針だったようで、みちこは不安な闘病生活を送っていたみたいです。

 

 


みちこの漫画、更新です。

JUGEMテーマ:健康

http://www.comico.jp/challenge/detail.nhn?titleNo=18190&articleNo=20

 

第19話、更新です。

 

今回パソコンが壊れて、win7から新しいwin10のパソに買い替えました。いやもうこんなこともあろうかと「パソ貯金」をしていたので助かりました。10は早くて使い心地いいですが、モニタの色味が黄色いので漫画の塗りに影響しそうです。

 

みちこもこのころは希望があって、楽しかったのかなと思えます。闘病に仲間がいるというのは大きいですよね。

 

父なんか親戚一同の最高齢なので、「がん友」がいなくてかわいそうです。病院にある緩和ケアセンターに話しをしてきたんですが、まだ再発がないので(でも不安なんだよう)適当にあしらわれてしまいました。

 

昨日の新聞に、がんの部位による生存率が載ってましたが、胆管がんは非常に悪いですね。

みちこのときも「非常に悪い」と言われましたが、親子で何やってるんでしょうか。

 

カラオケ大会はよく開いていたそうです。本当に患者思いのいい病院でした。


父の定期検査。

JUGEMテーマ:健康

今日は血液検査だけなのに、病院はいつも混んでいるので3人して出かけた。

 

雪が降る予報が出ていたせいか、患者さんがいつもより少なく、11時に診察の予定が10時すぎには順番が回ってきた。

 

父は病院に着くなり血液検査をして、先生のお話を待っていた。

 

結果、異常なし。

 

ほっとする。家に着いたらまだ11時半くらいで、昼ごはんの後は疲れてみんなで昼寝。

 

こういう、毎回ドキドキさせられるのはストレスがたまる気がする。

 

次の診察日は5月。まずはCTを撮るそうだ。

 

先生は順調だとつまらないのかな。診察は3分もなかったと思う。

 

でも異常なしでよかった!

 

がん患者が身内にいると、自分までがんになった気分がします。みちこのときはあまり闘病の様子を見てあげられなかったのが自分の漫画を見てもわかるので悪いことしたなー、心の中で謝っています。

 

漫画は供養の意味でもさいごまで続けたいと思います。


パソコンが壊れてしまいました。

JUGEMテーマ:コンピュータ

いきなりですが、パソコンが壊れました。

 

7を使って早7年。もう修理代も高そうだし、新しいのを買おうと電気屋さんにサポートのお願いをしているところです。

 

7年は私としては持った方。以前のMacが3年、vistaが4年くらい?7は使いやすかったです。

 

新しいパソコンは10です。それで周辺機器も全部買い直しになるのでお財布がきびしいです。

 

漫画のデータがかなり飛ぶことになります。だって外付けHDDを認識しないんですよ?マウスも動かないんです。まいった。

 

漫画がしばらく描けそうにないので更新遅れます。

 

 

明日父の検診の日なんで、そっちも心配があるのにパソまで壊れるなんて。

忙しい時って重なりますね。

 

 


みちこの漫画、更新です。18話目

JUGEMテーマ:インターネット

http://www.comico.jp/challenge/detail.nhn?titleNo=18190&articleNo=19

 

第18話 肝試し 更新です。

 

実際、何回もみんなで肝試ししていたようです。みちこはホラー映画も好きだし、もし何か見えても「キャー!」って逃げていく感じの子ではなかったので、男の子たちは拍子抜けだったようです。

 

このところ更新が早めですが、今週には父の3か月検診があり、家族で結果を聞きに行かなければならないので遅れそうです。


みちこの漫画、17話 更新です。

JUGEMテーマ:インターネット

http://www.comico.jp/challenge/detail.nhn?titleNo=18190&articleNo=18

 

第17話 夢だった  更新です。

 

Kくんの回。

あらためてみちこの日記を読み返し、漫画として組み立てなおす。この作業はまるでみちこと対話しているようです。

 

K(カズ)くんは本当に絵が好きで、みちこを描いてくれたりしました。それを思い出しながら描いて、カズくんの描いた絵を思い出して描いたら、私が絵が下手なもので、ホラーな絵に…。

 

みちこの自画像は何回も描いているのですが、すごくむずかしいです。似ない。ちょびっとは似てるかな。あまり特徴のない顔だったかなあ。目の周りに天然のアイラインが入っていて、変わった印象でした。きれいな二重だったし。(姉は一重)

 

とにかくまだ最初の年の7月のお話なので、次の年の9月まで続くわけで、描き切れるのか不安になったりもしています。

あまり痛そうな、苦しそうな場面はスルーしてしまうかもしれません。表現を変える、とか。むずかしいですね。

 

30年も経ってから?というより、30年経ったからこそ描けた、というのもあります。投稿サイトという便利なものもできていて、いい時代になったなー、と思っています。


夜だけの下痢は心配ないって。

JUGEMテーマ:健康

 

父は血液検査と問診をして帰ってきた。母は入院の用意もしていたけど、父から「ただの冷えによる下痢」と聞いて、ほっとした。

 

なんでも、胆管がん関係で下痢が始まったら、夜だけ下る、というのはないらしい。一日中ピーピーになるそうだ。

 

ここしばらく気温が異常に低いので、術後寒がりになった父は家の中で暖房もつけているのに手袋とマフラーと、羽毛入りの南極観測隊がはくようなズボンをはいている。それでも寒いそうで、この気候が腸に悪いんだって。

 

もちろん、最近調子にのって脂ものをたくさん食べていたので胃腸が疲れたせいもあるそうだ。そして、先生がいちばん心配したのはノロウイルス。お腹痛くありませんか、吐き気はどうですか、などと聞かれたらしい。

 

別の意味でノロは最恐なんでまさかそれは家から一歩もでてないので違うと思ったけど、ほかの感染症でもないですね、とのこと。

 

腸は夜動くそうで、朝お通じが来るらしい。それが寒さで(電気毛布つけてるんだけどね)腸が調子をくずしたらしい。

 

とりあえず1週間様子を見て、と下痢止めと乳酸菌錠剤をもらってきた。下痢止めはゲンノショウコ由来で飲むと苦いって。そのあと乳酸菌錠剤を飲んだら、「甘い」って。

 

食事に気を付けるよう言われて、パソで検索しまくっていた。和食がいいってね。

 

はやく治まるといいけど。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM