kindleでゼロ円です。星屑の仲間たち

JUGEMテーマ:インターネット

今、kindleのぞいてきたら、星屑が全巻ゼロ円です。kindleアンリミテッドとかいう、ゼロ円で全部読めちゃうやつ。

 

しばらく5巻だけがお金を出さないと買えなかったのですが、今は全巻ゼロ円です。

 

この機会にどうぞっ。

 

Amazon会員さん限定なのかな?

 

いつまでゼロだかわからないけど、今はお得ですって話です。


みちこの33回忌

今日9月4日はみちこの命日です。33回忌。家族が欠けることもなく、無事33回忌の法要を済ませました。

 

この33年間で、おじやおばなどがみちこと同じところへ旅立ちました。親戚の人数もだいぶ減ったようです。

 

親戚にがんが増えています。

 

33年は長いようで短いです。

 

みちこに、漫画が無事仕上がったことと、電子書籍になったことを、改めて報告しました。

 

今後みちこはうちの先祖になり、神様になります(うちの地方の風習です)。

 

お友達もお花を供えてくださり、家にも花束が届き、仏壇の前がにぎやかです。昔お葬式も「派手でお花がたくさんあるのがいい」と言い残していたので、お花は喜んでいると思います。

 

うそなんかでこんなにたくさんブログを書くはずないじゃないですか。もしうそなら嬉しいですよ。みちこが生きていたら、なにもいらないです。

 

みちこまで叩かれて、最近の人は人としてやっていいことといけないことがわからないのだなと思います。

 

死者を叩くなんて、ありえないです。向こうで見ています。33年経った古い仏様が、怒ったら、なにが起こるか、普通怖くて叩けませんよね。

 

自分は安全な壁の向こうから石をぶつけてくるような卑怯な人は、自分のやっていることがわからないようですね。ここも、そういう人が読んでいるとおもうと情けないです。

 

命日にこんなこと書きたくないですが、あまりにひどいので書きました。なんでもエサになるそうですが、命日くらいゆっくりお参りをしたいです。アンチの人も、人の心があるならみちこに謝ってください。2ちゃんねるのうわさをうのみにする人も、よく考えなおしてください。死者をばかにするようなことをして、自分は無事ですむかどうか。普通に考えればいけないことくらいわかるはずです。


みちこの命日が近づいてきています。

久しぶりに「命日反応」を起こして、眠れぬ夜が続いています。

 

みこが旅立って、10年〜15年、みこの命日が近づくと夜眠れなくなっていました。最近は治ってきていたのですが、今年は久しぶりに起こしました。今朝も朝まで眠れず。昼なんとか仮眠を取りました。眠らないと体調をくずすので困ったものなんですが、当時をいろいろ思い出します。

 

今年はみちこの33回忌です。うちの地方ではこれで「忌明け」みちこは仏様から先祖様になります。みちこに関する行事はこれですべて終わります。(地方により34回忌とか、35回忌とか、幅があります)

 

今年の9月4日は豪華なお花を注文しました。

 

なんで何もかもできた子で、家の太陽のような子が召されて、私のような屑が命を長らえているのか、いつも思います。

みこや、患者の皆さんだれにもことわらないで「星屑の仲間たち」を描いてしまったのですが、私が向こうに行ったら、物凄く怒られるかな…。ここも長くあるブログですが、どういう人が見に来ているかわからないので、漫画を描いてしまってよかったのか悪かったのか悩みます。時々ものすごくアクセスが増えます。なんなんだろう。

 

両親は、33回忌までよくもったね、と言っています。一時は父が危なかったから。母も体調不良の日々が続いています。

 

ふたりを介護するのが私の役割になると思います。「星屑」ちゃんとエンドマークまで描けてほっとしています。あれを途中で描けなくなっていたら、みこにどうやって詫びたらいいのかわからなくなりますから。

 

「星屑」はマンガハックさんに全編載せたままにするつもりです。(ハックさんからもし下げるよう言われたら下げなきゃならないのかもしれませんが)

 

昨日「崖の上のポニョ」を見ていて、小さいころのみこに似てるなと思っていました。ジブリキャラはみことかぶります。となりのトトロは見れなくなってしまいました。めいちゃんが似すぎていて、泣いてしまうので見れないんです。私より親がつらそうです。

 

もう漫画も描くものはないし(厳密にはありますが、時間と体力がありません)、マンガハックさんでものんびりフルカラーの天体擬人化を描いて遊ぶつもりです。そのうちふっとネットの世界からいなくなるかもしれません。ブログなどはこのまま残していくつもりです。


根拠のない誹謗中傷は逮捕されますよ。

JUGEMテーマ:インターネット

みちこの漫画を、「嘘」と決めつけて、拡散している人。

 

近いうち弁護士さんにも相談する予定です。

 

名誉棄損、威力業務妨害、などにひっかかります。逮捕されますよ。

 

ふざけて書いた、みんなが書いているから書いた、などという理由は通りません。

 

実害が出ていますし。あいまいなソースを元に騒いでいると身を滅ぼします。

 

未成年なら学校を退学させられますね。就職していたら解雇されますね。代償は大きいですよ。

 

マンガハックさんのコメントで、謝罪してください。私は本気です。


がんサバイバールポ 最終回です。

JUGEMテーマ:健康

https://mangahack.com/comics/9210

 

がんサバイバールポ その6 if (最終回)  更新です。

 

がんが治った父と、もしも令和ならみちこだって治る、というお話、最終回です。

 

あー終わってしまったー。

 

描いていて楽しかったのですが、やはりみちこのお話はきついです。しかも今回「if」。

 

みちことカズくんを出して、治ってデート中なエピソードを入れたら、

なかなか悲しくなりました。ふたりには時間が短すぎたね、と改めて思いました。

 

時代が飛び飛びで、わかりずらかったらすみません。昭和平成令和、ごっちゃに出てきました。

 

今は病名いきなり言いますし。時代は変わってきているんだなー。コメントで、「病名を本人に告げないんですか?それじゃあ敵の正体がわからないのに、どうやって闘えというのでしょうか」というものがありまして、ほんと、この30年くらいで変わったんだなーとしみじみしました。

 

昭和のころは、「がん」という病気を本人にはひたすら隠す、というのが普通でしたからね。

 

令和ではもう「がん」は怖くない、共存できる病、治る病。そうなって行ったらいいなと願いを込めました。


がんサバイバールポ その5 更新です。

JUGEMテーマ:健康

https://mangahack.com/comics/9210

 

その5 前兆

 

みちこのお話に戻ってきました。これは今思うと前兆ではないか?ということを集めて描きました。

 

だるい、にぶい腰の痛み、免疫力の低下、など。

 

骨肉腫なんて、まれながんなのに、患ったところがまれのまれという腰では相当ひどくならないと気づきません。

 

みちこが献体をして、翌年に献体をした人たちの供養の会合がありました。

 

たかしくんも、献体をされていました。

 

このマンガはあと1回くらいで終わりになります。

 

 


がんサバイバールポ その4 更新です。

JUGEMテーマ:健康

https://mangahack.com/comics/9210

 

その4 健康体 更新です。

 

父ですが、父の病気を知る他の医師が、物凄く驚くんです。かかりつけ医や、町医者や近所に住んでるお医者さんなど。

 

医者がたまげるほどの回復力というか、胆管がんの予後はかなり悪いとネットにも載ってますし、丸4年経って未だがん細胞が出てこないのは不思議なんだそうです。みちこが守ってくれた、と父は言います。もし昭和に発症していたら、手術不可能、余命1か月くらいな状況でした。田舎の総合病院にも「神の手」の医師がいるんですね。驚きです。

 

看護師さんたちにもたくさんお世話をかけていて、それも描きたかったのですが、ルポ漫画ですのでそこはカット。長くなってしまいますから。看護師さん、すみません。ありがとうございました。

 

次回からはみちこによる「もしも早期発見していたら」という漫画になります。早期発見すればもう治るんです。それを描きたくて、またみちこを出します。


がんサバイバーその3、更新です。

JUGEMテーマ:健康

https://mangahack.com/comics/9210

 

その3 手術 更新です。

 

この辺めまぐるしくて、特に父の術後が大変だったと憶えています。

 

執刀医の外科医のお医者さんが若くて手術の腕が良くて、まるでドラマに登場しているような人でした。

今は主治医は別の人に変わっています。病院の先生の異動もめまぐるしいです。

 

そして、白衣の前を開けて、颯爽と廊下を歩いていました。かっこい〜!H先生神の手ー!

漫画にも描こうと思ったのですが、話が脱線しそうなのでカット。

 

がんサバイバーという言葉を「がんから助かった人」と思っていたのですが、

がんになった人全員を指す言葉だそうですね。ちょっと勘違いをしてしまいました。

 

このブログに父の様子は詳しく書いてあるのですが、漫画にするのにその通りには描けませんでした。

漫画は演出したり脚色したりしますので、全く同じものにはならないです。

 

膵頭十二指腸切除術はとてもむずかしい手術で、できる先生も限られていたようで、偶然入院した病院にいらっしゃった、というところです。父親、なにか持ってますね。内臓図とかけっこう記憶だけで描いているので実際と違うかも。すみません。


星屑の仲間たち最終巻がkindleに出ました。

JUGEMテーマ:健康

Amazonに第5巻(最終巻)が出ました。やっとラストのkindle配信開始です。

 

自分がAmazonの電子用リーダーを使っているので、自分で確認するため買っています。

 

何回読んでも絵のひどさが変わらず…。顔がゆがんでいたり、描いている時なぜ気づかない?と思うほどひどいのもあります。

これは本当に恥ずかしく、読者様に申し訳ないです。なんでこんなに下手なんだろう…。

 

平成始めに商業誌で描いていて、そのころの絵はまだまともでした。なーんでこんなふうにひどい絵になるんだろう。

まあそれは絵を10年くらい(いや15年か)描いていなくて、まったくの初心者の絵にもどってしまい、上手くならないということなんでしょうね。努力が足りないんです。これから10年努力してたら70歳近くになってしまいます。

 

下手くそな絵をばらまいた人生かよ…。終わってる。

 

しかーし、同世代の友達がかなりの確率でデジタルの世界に入ってこないので、話が合わず困っちゃいます。いや60近くなって初めてパソコンやスマホをいじるのはハードル高いかなと私も思います。スマホの文字入力全然できないもん。

 

せめて紙の本なら…ってそれはもっとレベルの高い人の話であって。みちこの漫画は電脳空間をふわふわ浮いている状態なんですね。

電子書籍は個人的にはあまり好きではありません。こう、紙で手にしたいと思う年代なので、コレクター気質もありますし、紙が欲しいわけです。

 

このJUGEMブログのいいところは、ブログの紙の書籍化をしてくれることです。有料で、3000円くらいかかりましたが、1冊作り、手元に置いてあります。(今は書籍化サービスはやっているのかな?)

 

漫画はフルカラーだからなー。コンビニプリントでも自分用に作ったらいくらかかるのか…途方もない感じがします。

 

みちこのブログを電子書籍化をして、電子ストア・パブーさんに並べていたのですが、パブーさんも終了ということで…。

ブログは問題ありまくりなのでパブーさんといっしょに消えるのもいいと思っています。

 

問題あり、でも、みちこという人は存在したんですよね。それをいきなり平成の世に持ってきて日記を書いたので、たくさんの人に「みちこの存在自体がうそ」と言われました。それはいくらなんでもひどいと思いませんか?家族が、もしみちこが平成の世に闘病生活を送っていたら、と想像するのはそんなにいけないことなんでしょうか。ある投稿サイトの人に言われました。

「ブログにいちいち、これは事実からとか事実でないとか書き込んでいる人がいますか?ブログには何を書いてもいいんです」

 

昭和の真実の闘病を漫画にしたら、「嘘つき、みちこは存在しない」と攻撃をされて、某掲示板で確定されて、みんな怒っています。それはおかしいんじゃないですか?真実だとなんでまずいの?怒るの?みちこに何かされましたか?

 

マンガハックさんまでだましたとか、苦しい言い訳をしている人もいたようですね。

 

星屑の内容はマンガハックさんに全部置いておくつもりです。だからいつでも見られます。あれを見て怒るのはどうなんでしょう。


がんサバイバールポ、その2 更新です。

JUGEMテーマ:健康

https://mangahack.com/comics/9210

 

その2 宣告 更新です。

 

作者コメにも書きましたが、Twitterを辞めたので、更新情報はここだけになるかな?といったところです。他にもブログがあるのでそっちにも出そうかな?まだわかりませんが。

 

この間「白い巨塔」やってて、見ました。なんかすんごいな平成の医療。令和はもっとすごくなりそう。そのうち本当にがんは治る病気になるかもしれませんね。父も術後4年目ですが、元気です。がんより高血圧の方が心配です。

 

「白い巨塔」は田宮版も唐沢版も見ているので、改めて医療の進歩を感じます。そしてすい臓がんのやばさも。ネットで胆管がんやすい臓がんの人のブログを見つけては読んでいるのですが、みんな途中で更新がなくなっちゃうので、もしかしたら…と暗くなり、それだけ悪性のがんなんだなと思います。

 

これから詳しく漫画にしていきますが、父のがんは進みの早い悪性のがんですが、胆管(胆道)のはしにできたものなので、詳しくは下部胆管がんといいます。当時、川島なお美さんが亡くなって知ったのが「肝内胆管がん」これは肝臓の中の胆管にできるがんで、かなり悪性です。もし手術したら肝臓ごとごっそり取らなければならない病気です。

 

父は十二指腸に近い位置のがんでしたので、すい臓頭部、胃の下部、十二指腸、胆のう、胆管を取りました。あとたくさんのリンパ。

先生が取ったものを見せてくれたので、まるで標本のように思えました。

 

執刀医のH先生がもう「神の手」に思えましたね。こんな地方病院にも神の手の先生がいらっしゃるとは!驚きの連続でした。

 

更新ペースが遅めですが、ちまちま描いていきます。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM