姉より。みちこの写真

みちこ個室のみちこ 姉です。

コメントありがとうございます。

私の自己満足な勝手な間違いのために、閲覧者のみなさまにはたいへんご迷惑をおかけしております。もうしわけありません。

でも、このブログは閉鎖することはありません。閉鎖すればみちこが存在したことを消してしまうような気がするからです。

今日は写真をアップしてみました。いただいたコメントの中に、「ネタでなかったら写真を載せてください」というものが多々あります。それで、みちこのアルバムから写真を選びました。

みちこの闘病はネタではないです。みちこはパソコンのない時代に生きていました。ブログの中で年号に合わせて元の日記の内容に合わせて変えたもの以外、事実です。

みちこは新しいものが好きだったので、パソコンをさわらせてみたかったのです。

登場する人物もすべて実在の患者さんです。

この写真は、肺が破裂して、個室に移されてすぐのものです。みちこの肺から管を通して下の容器に入れています。赤いのはすべてみちこの肺の病巣から出た血液です。みちこはこれでひどい貧血状態になり、何回も輸血を受けました。

今頃何を書いても信じていただけないと思うと自分の愚かさを呪いたくなりますが、みちこが存在し、闘病し、Kくんとはじめての恋愛をしたのは事実です。


実はもう一冊の日記帳が出てきました。しかしこれはすべて英語で書かれています。くせのある筆記体ですので私には解読不可能です。これはあとに遺したくない本当の気持ちが書かれていると思いますが、解読はしないつもりです。


みちこは洋楽が大好きで、Kくんとのやりとりも洋楽でした。しかし私がわからないので邦楽に替えてブログに書きました。私とみちこの邦楽の趣味はほとんど一致していたのでこれはみちこに許してもらえると思います。


顔が見える写真は勘弁してください。みちこも、治療で顔がむくんでいたのを気にしていましたので。この写真も顔がむくんでいます。


またなにかあったら書きこむ事もあると思います。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM