父の検査結果

JUGEMテーマ:健康

家族3人で父の検査結果を聞いてきた。

 

転移、再発なし。

 

新しい先生は若くて、適格な言葉でわかりやすく説明をしてくれた。

 

今日病院はものすごく混んでいて、ひとりひとりの時間が長かった。青い顔をした年配の男性が、長く診察室の中にいる。出てくると入院の手続きと検査、というので案内する看護師さんが説明をしていた。

 

そうか、医者の話が長いのは良くない傾向なんだな、と思った。いつも父の場合は診察3分くらいだから。今回も、やはり3分くらいだったと思う。

 

新しいお医者さんは、「そのお歳では3か月ごとの検査は大変でしょうが、術後5年は通ってもらうことになります。今再発や転移がないのでたぶんもう大丈夫だと思いますが、一応5年をめどとしておりますので」

 

おー、がん再発の心配でなく、父が歳だから通うのを心配してくれている。いい先生だ。

 

診察室には椅子がふたつしかなく、いつも私が行くと立っていることになる。先生を上から見下ろす構図になるのでちょっと申し訳ないと思いながら、先生の言葉を一生懸命聞いてきた。

 

父も真剣だ。母も。3時間も待たされたので疲れているだろうに。

 

帰り道。全員でニコニコだ。ほっとする。本当に、ほっとする。

 

今みちこの漫画を描いていて、みちこは検査をするごとに悪くなっていたから、どれほど絶望しただろうと悲しくなる。もっと話を聞いてあげればよかった、もっと何回も病院に行けたらよかったのに、と今頃になって悔いている。

 

胆管がんは予後が悪いというが、父のように、手術後再発がない人もいるんだな、と希望を持てる。ここを読んでくださっている胆管がんの方や家族の方、こういう例もあるのです、と言いたいです。


父の毎日

JUGEMテーマ:健康

今月は忙しい。3か月おきの検査の月だ。

 

父はというと、たいていの食べ物は食べられるようになった。でも、やはり脂ものや肉類を続けて食べると下痢をしたり、胃が気持ち悪くなったりするそうだ。

 

胆汁が流れっぱなしなので、脂ものを食べ過ぎると脂を分解できず、腸壁が脂でつるつるになってしまって下痢になるそうだ。

 

父の体重は今49キロ。私より少なくなってしまった。

 

しかし、3か月ごとに検査をして結果待ちするのは精神的によくない。転移してたらどうしよう、と考えてしまう。

 

父も落ち着かない。

 

好きなことをすると免疫力が上がる、がん細胞ができにくいということで、父は毎日大好きな畑仕事をしている。そろそろ熱中症に気を付けないといけない季節になってきた。

 

そういえば、また主治医が代わってしまった。来週結果を聞きに行くのは新しい先生。なんで毎年ころころ代わるの?データがあるから医者は誰でもいいっていう病院なの?どうも落ち着かないし、患者の顔も見ずパソコンばかり見ている先生だったらやだな。病院のサイトを見たらもう代わってるし。この前より若い先生だ。それで専門は肝胆膵。これはいいかもしれない。去年まで診てもらっていた先生は大腸が専門だったから。

 

よく話を聞いてくれる先生ならいいな。

 

執刀医から父が聞いていたのは、「もう歳ですし、転移はほとんどないと思いますよ」だったそうだ。父の内臓を見せてもらった私たちには、「今は転移はありません。リンパはあらかじめ取っておきました。もし転移するなら肝臓でしょう」と言った。

 

もう80代だし、進みが遅ければいいんだけどねー。

 

やっぱり結果を聞くまで落ち着きません。


父の定期検査。

JUGEMテーマ:健康

今日は血液検査だけなのに、病院はいつも混んでいるので3人して出かけた。

 

雪が降る予報が出ていたせいか、患者さんがいつもより少なく、11時に診察の予定が10時すぎには順番が回ってきた。

 

父は病院に着くなり血液検査をして、先生のお話を待っていた。

 

結果、異常なし。

 

ほっとする。家に着いたらまだ11時半くらいで、昼ごはんの後は疲れてみんなで昼寝。

 

こういう、毎回ドキドキさせられるのはストレスがたまる気がする。

 

次の診察日は5月。まずはCTを撮るそうだ。

 

先生は順調だとつまらないのかな。診察は3分もなかったと思う。

 

でも異常なしでよかった!

 

がん患者が身内にいると、自分までがんになった気分がします。みちこのときはあまり闘病の様子を見てあげられなかったのが自分の漫画を見てもわかるので悪いことしたなー、心の中で謝っています。

 

漫画は供養の意味でもさいごまで続けたいと思います。


夜だけの下痢は心配ないって。

JUGEMテーマ:健康

 

父は血液検査と問診をして帰ってきた。母は入院の用意もしていたけど、父から「ただの冷えによる下痢」と聞いて、ほっとした。

 

なんでも、胆管がん関係で下痢が始まったら、夜だけ下る、というのはないらしい。一日中ピーピーになるそうだ。

 

ここしばらく気温が異常に低いので、術後寒がりになった父は家の中で暖房もつけているのに手袋とマフラーと、羽毛入りの南極観測隊がはくようなズボンをはいている。それでも寒いそうで、この気候が腸に悪いんだって。

 

もちろん、最近調子にのって脂ものをたくさん食べていたので胃腸が疲れたせいもあるそうだ。そして、先生がいちばん心配したのはノロウイルス。お腹痛くありませんか、吐き気はどうですか、などと聞かれたらしい。

 

別の意味でノロは最恐なんでまさかそれは家から一歩もでてないので違うと思ったけど、ほかの感染症でもないですね、とのこと。

 

腸は夜動くそうで、朝お通じが来るらしい。それが寒さで(電気毛布つけてるんだけどね)腸が調子をくずしたらしい。

 

とりあえず1週間様子を見て、と下痢止めと乳酸菌錠剤をもらってきた。下痢止めはゲンノショウコ由来で飲むと苦いって。そのあと乳酸菌錠剤を飲んだら、「甘い」って。

 

食事に気を付けるよう言われて、パソで検索しまくっていた。和食がいいってね。

 

はやく治まるといいけど。


まさか再発じゃないよね?

JUGEMテーマ:健康

この5日間くらい、父が何回も夜中に下痢をしているのがわかった。

 

家族に心配をかけないためか、病気が怖くて無視しようとしてるのか、最初だまっていて、夜中にトイレにこもっているのを母が起きて見つけて、問いただしたら何回もの下痢がわかった。

 

胆管がんの症状には、黄疸、発熱、腹部の痛み、おう吐 下痢、とあるが父の場合胆管と胆のうはもう取ってしまっていて、そういう人の症例は検索しても出てこないのでまいった。

 

とにかく病院に行ってくれと母と頼んで、ようやく今日かかりつけ医に行く、ということになった。

 

検索すると、胆汁が腸を溶かして下痢が出る、と恐ろしいことが書いてあった。う〜ん。これは胆管がんの初期症状みたいだからなあ。

胆管がんの人のブログをあさって読んでも、けっこう怖いことにみんな途中で放置されている。10年も前に放置されたブログも出てきて、これはもしかしたら…と暗くなる。

 

手術をした大病院は予約制なので、次は2月。もうすぐなんだけどね。その病院で「なにかあったらこの○○医院で診てもらって、紹介状を書いてもらって来てください」というシステムになっている。かかりつけ医にとにかく行ってくれ、ということで、これを書いてる今父が支度をして出かけたところだ。

 

最近、もうなんでも食えるぞ、と天ぷらや揚げ物、コロッケ、シチューなどをたくさん食べていたのでそのせいならいいんだけど。

 

ちょっと食べ過ぎじゃない?と思うくらい脂ものをばくばく食べていた。それでも異常はなかったのに。急に来るんだろうか。

 

下痢が続くと体力は奪われるし、免疫力も減るし、いいことないのでなんとか治らないだろうか。

 

いちばん心配なのは、再発と転移なんだけどね。


なにかの感染症?

JUGEMテーマ:健康

昨日、父がひとりで検査結果を聞きに行った。9時過ぎに家を出て、帰ってきたら、2時。あいかわらず病院というのは人を待たせるね。インフルとかノロとかもらったらどうしてくれるのよ。

 

それで、結果。なにかの感染症らしい。普通に空気中にいる菌が、喀痰検査で出た、ということで。

お年寄りには普通の菌でもこんなふうに変なかたまりを作ってしまう人がいるらしい。

 

心配ない、ということで父もほっとしている。

 

しかし、こういうふうに何か月おきに検査、先生の説明、というのも本人にしてみれば、怖いことだよね。(家族だって怖いけど)

 

結果のわかる日が近づくと父が荒れる。これは勘弁してほしいけどしょうがないのかな。とにかく怒りっぽくなるので血圧あがると脳のほうがやばいでしょ。

 

時々肺のレントゲンを撮ることになった。

 

消化器と、呼吸器ダブルだね。

 

今年は3人で年越しできそうでほっとする。


肺はセーフでも、なにやらおおごとに。

JUGEMテーマ:健康

今日は呼吸器科の日。

 

8時に家を出て、帰って来たら1時ですよ。疲れまくってしまった。なんであの病院は患者をこんなに待たせるのだろう。(どこもいっしょか)

 

で、父の呼吸器科での診察。お医者さんが、この間の血痰のことや、父の昔していた仕事のこととか、ものすごく細かく聞いてきた。

 

10分くらい診察してくれたかな、そしたら「これはむずかしい症例ですので、別の先生の意見も聞きます。待合室でお待ちください」と言われ、待つこと1時間。

 

その前に1時間半くらい待っていたので、もう横になりたいくらい疲れてきてやばい。

 

やっと呼ばれて、また診察室へ。あいかわらずCT画像が出てる。もう、肺のそこらじゅうになにかわけのわからない粒状の小さい腫瘍のようなものが出ている。

 

「がんではないですが、何か感染症かカビか菌かもしれない。こんなにたくさん粒みたいなものがあるのはめずらしいんです」

 

と、喜んでいいのか不安になるのかわからないお答え。

 

とりあえず転移じゃないんだな、そこはほっとした。

 

それで血液検査と喀痰検査をすることに。検査用の痰の入れ物を渡される。「今出ますか?」

 

父を見る。痰ってそんなにほいほい出るもんなの?と聞いたら、さっそく入れ物にケロケロ出してる。

 

「あーすごいですね」と先生。

 

結局、痰の検査をしないとわからないということで、父は明日も家で痰を容器に入れて病院まで持っていくことになった。

 

検査結果は来年になるそうで、その前に年末に一度来てくださいということで、とんでもない年末に呼吸器科にもう一度来ることになった。

 

めずらしい症例ってお医者さんはうれしいのかな。みちこの時、主治医だったお医者さんは論文を書いたんですよ。検索したら出てきてた。今はもう出ないけど。親子でめずらしい症例ってどういうことよ。

 

がんじゃないってことで父もほっとしてたけど、得体のしれないものがあるということと、これからふたつの科に通わないといけないので「う〜ん」とうなっていた。

 

とにかく待たされすぎで、文章もへろへろです。

 

 


肺転移????

JUGEMテーマ:健康

父の検査結果を昨日聞いてきた。母が行けないので父と私2人で行った。

 

胃カメラとCT。

 

主治医は最初はけっこう怖いタイプかな?という雰囲気の人だったけど、8月の診察あたりからにこにこしていい感じの人になり、今回はますます「なんでも相談できそうな優しいお医者さん」というふうに変わっていた。

 

まず、「特別心配はありませんね」と一言。

 

父はここしばらく眠れないほど心配していたけど、その一言にほっとしたようだった。しかし医師は続ける。

 

「えーと、全体的に心配はないと思うのですが、ひとつ気になる点がありまして…」とCTの画像を出す。

 

肺の画像。しろうとが見てもなんじゃこりゃ、というような丸いものが写っている。真っ白ではなく、ドーナツ状。

 

「ここなんですけど。前回のCTにもありました。65歳以上の方にはわりと多くみられるもので、過去に結核などを起こして、知らずに完治した痕跡が残っている感じです。転移、とは言い切れませんが、念のために呼吸器科の先生に見てもらいましょうか」

 

父と食い入るように画像を見る。

 

「5月のと比べると、少しですが大きくなっています。転移巣…ではないと思うのですが、呼吸器は専門外ですので、呼吸器科の予約を取りますか?」

 

たしかに5月の画像より大きくなっている。

 

「これを撮った日に風邪をひいていたということで、風邪でもこの手のものは炎症で大きくなりますからあまり心配はいらないんですが、どうしますか?」

 

父「すぐに予約を取らないといけないようなまずいものなんでしょうか?」

 

医師「あ、いや、いつでもいいですよ。私の次の診察は来年2月になりますが、暮れも近づいていますし」

 

先生はコンピューターをカタカタやって呼吸器科の予約の空きを確かめる。

 

「今月中に都合のいい日はありますか?」

 

父「えーと、それでは28日にお願いできますか」

 

医師「わかりました。2月は血液検査のみですね」

 

父「ちょうど手術から1年なんですよ。去年の17日に手術したんです」

 

医師「あー、それはすごい。胃腸はきれいですよ」

 

胆管がんステージ3で、1年間再発がないというのはすごいことだそうだ。

 

肺の腫瘍(?)はちょうど親指と人差し指で丸を作ったくらいの大きさで、5月のよりもひとまわりくらい大きくなっている。

 

父は「転移ではなさそう」の言葉でにこにこしているけど、28日の呼吸器科の先生の診断を聞いてからでないと心から安心はできないんだな、と思った。みちこも術後すぐ肺に影ができ、結局肺の一部を取る手術をしたのだけど。

 

父の手術を担当した執刀医は、術後すぐの説明で、「胆管がんは肝臓に転移しやすく、今は肝臓はきれいですがいずれは転移してきます」と言っていた。それで私は肝臓がんを心配していたのだけど、肺転移も多いのを忘れていた。

 

第一、今月は父の血痰でびびっていたので、肺関係に変な影、というのは心配を広げる。

 

家に帰ってきて、母には「転移の可能性もあるよ」と伝え、父には「なにもなくてよかったね、念のためって先生も繰り返してたし、大丈夫だよ」と言った。

 

母の風邪からの気管支炎が治らないので28日も私が付き添っていくことになった。

 

今回は大丈夫でも、こうやって検査のあるたびにおびえて過ごすことになるのだろうか。

 

胆管がんのステージ3は5年生存率が40%くらいだというが、父も検査が近づくと眠れないという。すごいストレスだよね。

 

家に帰ってきて、肺がんの画像検索をして、同じようなものがないかと探した。ドーナツ状のものはなかった。中空のがんなんて聞いたことないし、これは心配ないものなのかな。

 

お天気もいいしわりと暖かいので昼ごはんを食べたら父は畑に飛んで行ってしまった。こういう何もない日々がどうか長く続きますように…。

 

 


検査は終わった。あとは祈るのみ。

JUGEMテーマ:健康

胃カメラと全身CTの検査が終わった。それと血液検査。

 

父は胃カメラの日に、かかりつけ医からもらったちょっと心配な血液検査の結果を渡してきたそうだ。

 

同じような血液検査を病院でもやるんだろうね。

 

先生の診断までまだ日にちはある。父は気をもんでいる。そりゃそうだよね。私らもやっぱり落ち着かない。

 

まだ3人とも風邪は治っていない。診断の日までに治るのかな。来週の木曜日なんだけど。

 

昨日ドクターXで父と似た手術を腹腔鏡でやっていた。失敗した手術をあざやかにドクターXが治す。

 

どっかの大学病院であった怖い手術失敗からヒントを得てやったのかな?父は複雑そうな顔をしていた。実際手術をした人は見たくない番組かもしれないね。

 

胃カメラのお医者さんが、「きれいですよ、胃も腸もなんともありません」と言ってくれて、父もモニターで胃腸の内部を見せてもらって、少し安心したそうだ。(父は胃カメラが全然嫌じゃないそうだ。珍しい人だ)


家族全員風邪ひいて…

JUGEMテーマ:健康

父をはじめ私も母も、同じ風邪にかかってしまった。咳がひどく、痰がからまり、鼻水鼻づまり。

 

父は明日から術後1年の検査なのだけど、風邪がまだ抜けない。咳ごほごほ痰ゲロゲロしているのに胃カメラはつらいだろうな…。

 

風邪と診断したかかりつけ医から、父が血液検査の結果をもらってきて、「悪い数字があるのでがんの主治医に見せてください」と言われたそう。

 

封筒に入った1枚の紙に、なにやら暗号のようなアルファベットと数値がいっぱい。なんじゃこりゃ?と思いながら、書き写してネットで調べる。

 

CRP 1.0

 

これは炎症反応で、普通は0.3以下なのだそうだ。私も違う病院でおととい風邪で調べてもらったら、1.7あって即点滴だった。

 

ほかにも20項目くらいあったけど、いくつか基準値からはずれている。嫌なことに、そのいずれもはずれている数値の意味するところは「がん」「悪性腫瘍」だ。再発しているんだろうか?8月には異常なかったのに?とあせる。

 

かかりつけのお医者さんは、普通の状態でこれではまずいけど風邪で炎症反応は出るし、数値も変わってくるから、と言ってあまり心配しないようにと言いながら結果をコピーして封筒に入れて「先生に渡してください」と言ったそうだ。

 

う〜ん。ほんとに嫌な数値。リンパ球と血小板が少なすぎるんだよなあ…。意味するところはどこかの「悪性腫瘍」か「白血病」。

 

再発か?来週は胃カメラとCTを日をあけて撮って、再来週に先生からの説明。もしなにかあってももう手術はできないし、抗がん剤も胆管がんは効きにくい。

 

しばらく気をもむ日々が続きそうだ。

 

その前に3人ともこの風邪を治さなければ。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM