<< 胆管がんのお見舞い品は | main | 非常識なお盆のお客(激怒) >>

みちこの生きた道の漫画化は?

JUGEMテーマ:インターネット
みちこの姉のしみです。

今回ちょっと自分で判断しかねるので、コメント欄を開けて、ここを読んでくださっている皆様に質問したいと思います。

「みちこの生きた道」は私の書き方が悪く、たくさんのご迷惑をおかけしました。

その、「みちこの生きた道」ですが、漫画で昭和の時代の事実を少し描いてみたい、という気持ちがわいてきました。

今の時代、漫画はさまざまな投稿サイトがあり、しろうとでも描きたい内容を気軽にアップできるようになりました。

それで、みちこの日記の一部を漫画化して、昭和のみちこを描こうと思い立ったのです。

しみは思いつきで後先考えず行動する癖がありますので、ここで漫画化なんかしたら、また大炎上してしまうのかとも思い、そこは恐怖です。身バレするのではないか、また蒸し返すのはどうなんだ、と悩んでいます。

みちことKくんの恋愛物語を軸に、描いてみたい、と。

内容はとても悲しいものですが…。

なお、投稿サイトでかなり叩かれて耐性がついていますので、以前のようにひどいコメントをいただいても、凹んだり悩んだりはしなくなりました。

平成に舞台を移したのでおかしなことになったみちこのことを、もう一度昭和に戻って描く。これをやってみたいのです。

皆様どう思われますか?

ライフワークの仕上げとしての漫画化です。お金は発生しないサイトで、カラーで描くつもりです。その練習もしてきました。でも漫画も未熟です。

スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday
  • -
  • 09:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/11/19 4:18 AM
ゆりさん、コメントありがとうございます。

ゆりさんって、ほんとに初期のころから読んでくださっていた、ゆりさんですよね?

とてもうれしいです。

comicoというところで、みちこの漫画を始めました。今2つお話がアップされていますが、完結までには1年くらいかかりそうです。

本当に問題だらけのブログで申し訳ないです。
ブログは全世界に公開されるものなのに、友達数人と夢中になっておしゃべりをするノリで、書いていました。しまった、と気づいたときは後戻りできなくなっていました。

漫画は、全シーンを描くことはできませんが、昭和のみちこの様子を描いていきたいと思っています。やっと漫画をネットで公開できる時代が来ました。ちょうど10年です。

父ががんになり、その様子もここで書いていきますが、きびしいがんです。

漫画は結末をプロローグとして描いて、1話からそこへ向かって描いていきます。
父に万一のことがあって、続きが描けなくなる可能性もあるので、結末を最初にしました。

みちこと対話するつもりで描いていきたいです。
  • しみ
  • 2016/09/14 9:37 PM
みちこさんのブログ、ずっと拝見していました。。9月6日がご命日でしたね。何年、いえ何十年経っても、哀しみとつらさは消えないと思います。

その思いを、形に表す機会があってよかった!と喜んでいます。思い出しながら、描きながら、ご自分の思いと向き合うことで辛いこともあるかもしれませんが、きっといい方向に働くと思います。

私も、大事な存在を亡くしました。もう13年が過ぎました。その後、自分がずっと興味を持って調べていたことを本にまとめる機会に恵まれ、3冊出版しました。大事な存在を亡くしたこととは直接関係の薄い内容ですが、人間の生き方に関わるテーマなので、いつも心の底にそのことがありました。迷いに迷った末、1作目のあとがきでそのことに触れました。自分の中で、何かが少しだけ変わった気がしました。

みちこさんのことを描くのは、大きなエネルギーがいると思いますが、頑張ってくださいね。出来上がったら読ませていただきます。

それから.....「みちこの生きた道」。。「生きた?」、過去形? と最初から若干の異和感を持っていたことは事実です。最初は、ミスかな?それとも国語に苦手な方?(ごめんなさい...)なんて思っていましたが、ずっとそのままでしたので、何らかの意味があるのだろうと思うようになりました。タイトルは何にせよ、同じような病で闘病していた娘を看ていた身には、書かれている内容が嘘だとは思えませんでした。私はブログをしていませんが、ネット上では、いろいろなことを言う人たちがいますよね。どうしてこんなことが書けるんだろう、と思うコメントも時々目にします。たとえ悪意のこもったコメントが来ても、書き続けてくださいね。応援している人がたくさんいるはずですから^0^
  • ゆり
  • 2016/09/14 7:36 PM
みなさま、コメントありがとうございます。

漫画にする、と思い立ったのですが、ある場所で漫画を描いていて、画力が伴っていないことがわかりました。

この1年練習をしていたのですが、なかなかむずかしいです。

準備が必要だな、と思いました。

父の容体がどうなるか、8月下旬に検査があるのでそれが終わって転移がなければ進めていこうと思っています。

コメント欄はもう少し開けておこうと思います。

ネットで一度「うそ」扱いされたら、もうだめなんですってね。信じてもらえない。書き方が悪かったのは本当に申し訳ないのですが、某掲示板でなぜ看護学生が書いた創作と認定されたかは謎です。看護学生さんはそんな暇はないはずです。
  • しみ
  • 2016/07/26 9:24 PM
みちこさんが生きた証を残すべきだと思います。
供養にもなるのではないでしょうか。

やっとコメント欄が設けられたので、この記事とは関係が無い事ですが書かせてください。

このブログを初めて見たのは4年くらい前です。
毎日少しずつ読んでいました。
お恥ずかしい話ですけど、涙はボロボロ、鼻水ダラダラでティッシュで拭きながら読んでいました。

そのうち、このブログがネタだと思われていたり、叩かれている事も知りました。
正直言うと「本当かもしれないし、ネタかもしれない」と、今でも「本当はどちらなのだろう」と判断が出来ていません。
でも、仮にネタであったとしても怒りは込み上げません。
むしろ、ネタであってほしいと思っています。
そうすれば、みちこさんが苦しい思いをしなくて済みますから。

長くなりましたが、漫画化待っています!


  • しん
  • 2016/07/13 10:27 PM
書いてもよろしいのではないでしょうか?
書くことでお姉さんの心が痛まないか心配ではありますが、その時はしっかりとした気持ちだと思います。そして私や他の方達のみちこさんの新たな思い出になるでしょう。
  • ショウヘイ
  • 2016/06/14 3:32 AM
思うままに描いて下さい。応援していますよ。妹さんも喜ばれると思います。

あと、お父様が移転無しなんて素晴らしい!
よかったです〜(´ω`)&#9825;

  • なおなお
  • 2016/06/11 10:35 PM
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM